磯村勇斗が大学を中退した理由は!?母親との確執が原因か??

isomurahayato

Pocket

磯村勇斗さんと言えば2015年に放送された『仮面ライダーゴースト』で仮面ライダーネクロム役を演じ、甘いマスクで子供たちだけでなく、主婦からも絶大な人気を誇る俳優です。

更に2018年に放送されたテレビドラマ『今日から俺は!!』では第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞し、高い演技力で注目されています。

そんな磯村勇斗さんは大学を中退したのか?と言う噂がネットで広まっているので、その噂は本当かどうかしらべてみました。

プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

●名前:磯村 勇斗 (いそむら はやと)

●生年月日:1992年9月11日

●出身地:静岡県沼津市

●血液型:A型

●身長:176cm

●所属事務所:BLUE LABEL

●趣味、特技:ドラム、ゾンビ映画鑑賞、バスケットボール、サウナ

中学校の時に自主制作した映画を作り、そこから俳優を目指すようになった。

スターウォーズやゾンビ映画が大好きで、自分の役作りに参考にしているそうです。

こちらの動画では磯村勇斗さんが自主制作の映画を作ったエピソードを母校に訪れた際に語っている様子が見れます。

大学中退の噂は本当か??

 

磯村勇斗さんは2011年4月に桜美林大学に入学。

しかし、2013年9月に大学を中退してしまいました!!

3年生の時になぜ中退の道を選んでしまったのか気になりますね!

では、なぜせっかく入った大学を辞めてしまったのでしょうか?

桜美林大学ってどんな大学?

 

画像引用元:進路ナビ

桜美林大学は偏差値が42.5~52.5とそれほど高くはないですね。

東京都町田市常磐町に本部を置き、6つのキャンパスがあります。

●町田キャンパス

●新宿キャンパス

●東京ひなたやまキャンパス

●プラネット淵野辺キャンパス

●千駄ヶ谷キャンパス

●多摩キャンパス

磯村勇斗さんは芸術文化学群の演劇・ダンスを専攻東京ひなたやまキャンパスに通学していたと思われます。

建学の精神としては『キリスト教精神に基づいた国際的人材の育成』としています。

口コミを見てみると芸術に今まで触れてこなかった学生には基礎から学べて、学習しやすい環境だそうですが、広く浅く学ぶため、芸術にもっと触れたい人からしたら少し物足りない授業内容になってしまっているそうです。

芸術文化学群には「音楽」、「ビジュアル・アーツ」、「演劇・ダンス」を学ぶことが出来るので、俳優をめざすにはもってこいの大学ですね!

 

中退してしまった理由

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

 

俳優を目指すには演劇やダンスを学べるので、特に大学を辞める理由はなさそうですが、なぜ中退の道を選んだのでしょうか?

 

元々大学に行く気はなかった?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

磯村勇斗さんは中学の時に自主制作した映画を作るなど、幼い頃から俳優になる夢があり、高校在学中に地元のプロダクションや劇団に入ろうとしましたが、母親に「せめて高校は卒業してほしい」と反対され、高校生での俳優への道は諦めてしまったそうです。

高校卒業後こそは俳優の道を目指すべく劇団に入ろうとしましたが、ここでも母親に「大学は行ってほしい」と反対され、話し合った結果、演劇が学べる桜美林大学に入学したそうです。

母親の気持ちもわかりますが、子供の夢を塞いではダメですよね!

行く気のない大学に4年間も行っても次第にやる気は失われてしまいますよね。

大学に通っているうちに芝居に対する熱が冷めてしまうのが不安になった!

 

磯村勇斗さんはもともと大学には進学するつもりはなく4年という月日はとても長く感じていたのでしょう。

また、同世代の俳優がテレビで活躍している姿を見て焦りを感じていたそうです。

インタビューでも「4年もいたら芝居に対する熱意が冷めていく気がしたし、毎日に満足できなくなった」と話しています。

当然の如く母親に猛反対されたそうですが、一刻も早く役者になるために中退の道を選び、アルバイトをしながらフリーの役者として活動を始めたそうです。

 

母親との確執は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

 

これまで進学するたびに親と揉めていた磯村勇斗さん!

大学を中退する時も母親の猛反対を押し切ったので、一時期連絡を取っていなかったそうです。

しかし、2015年に仮面ライダーの出演が決まったのを母親に連絡したところ、母親は泣いて喜んでくれたそうです!

今では磯村勇斗さんの俳優の仕事を応援してくれているそうで、一時期あった確執はなくなったそうです。

無事、夢が叶ってよかったですね!

出身高校は沼津西高校

 

画像引用元:エンタメ情報発信サイト

磯村勇斗さんは高校へは進学せず、役者を目指そうとしましたが、両親の反対があった為、地元の沼津西高校に進学しました。

偏差値は52~58あるので、まあまあ頭のいい高校だと言えます。

卒業生には政治家の嶋田陽子がいます。

部活はバスケットボール部に所属。

バスケの試合には同校の女子だけではなく、他校の女子が応援に来るなど、イケメンぶりを発揮していたそうです。

試合中は「勇斗様♡」と黄色い声援が飛び交っていたそうです。

何とも羨ましいエピソードですね(笑)

まとめ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

 

磯村勇斗さんは中学の自主制作映画を作ったことがきっかけで俳優を目指すようになりましたが、そこには両親の反対があり、思うように自分のやりたい道へ行くことが出来ませんでした。

大学も自分の気持ちを押し殺して両親の言われるがまま進学したものの、やはり俳優に早くなりたいという気持ちを抑えられるず、母親の猛反対を押し切って、大学を中退し、俳優活動を始めました。

反対を押し切った形で大学を中退したので、一時期に母親との確執が生まれていしまいましたが、仮面ライダー出演をきっかけに母親と和解し、今では両親とも応援してくれているそうです。

親の反対する気持ちもわかりますが、子供の夢を応援する方がお互いのためかもしれませんね!

熱い気持ちの持ち主ですから、今後の活躍に期待したいですね!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP